tempo rubato ~鎌倉散歩~

気になるCM

最近、気になるCM。 それは、キリンビバレッジKIRIN FIRE缶コーヒーです。
反町隆史が出ているアレです。
正直言って映像のストーリーは、「つい立かぁ」「腕立かぁ」というつまらないオチも
出てきて、2003年ごろのキムタクのサラリーマン編のほうがすきです。

それより、バックの音楽。 これ、たまらなく歯切れの良い音楽ですよね。
それで、色々調べてみました。 するとなんとなく分かりました。
(すでに検索Hpにも載っていますが、ご参考まで)

音楽のオリジナルは、Gracie Fields(グレイシー・フィールズ)の「Sing as we go」だった
ようです。 音楽の見本はこれです。
原作については、こちらに解説が(但し、英語です)。
これをCMで流れている音楽は、モンティ・パイソンの替え歌「Sit on my face」を参考に
したようです。 見本はこれです。

ちなみにこの替え歌の歌詞は、エッチだと言うことが分かった。
そこで、もっと知りたくなった。 すると、エッチの内容がわかった。
このページを見るとご丁寧に和訳対象で紹介されていた。

うーん、面白い。 この歌詞をみながら音楽を聴くと凄く分かります。

こんな手の込んだCM。 私は好きです。 今後のバージョンが楽しみです。

最後に、このCMの音楽(作:Harry Parr Davies)フルコーラスで聴くことができるページを紹介。 こちらにアクセス。 
CM MUSICのページを開いてKaを選択してキリンビバレッジを探せばOKです。


何度も聴き比べして、笑ってしまったのでした。
[PR]
by jeanhiroshi | 2006-09-09 00:14 | 音楽